小さなチャンスを生かす

バイナリーオプションは1日に何度もチャンスが訪れます。

値動きが極端に少ない時間帯は別ですが、通常、1時間で複数の通貨を監視すれば、数回のチャンスが訪れます。

大きなサポートやレジスタンスを使わなくても、ほんのちょっとした値動きを狙って取引が可能です。

ここでは、ローソク足の勢いを見ながらの逆張り取引をご紹介します。

 

スポンサーリンク


11月22日EURGBP 16時40分判定

1、ローソク足が直近の高値を超えられず

2、上昇の勢いが衰え

3、ボリンジャーバンドの+2σ内に戻って来た

以上の3つを確認して逆張りで取引しました。

 

11月24日USDCAD 16時45分判定


1、ローソク足が直近の高値をわずかに超えたが

2、それ以上、上昇する勢いが見られず

3、ボリンジャーバンドの+2σ内に戻って来た

以上の3つを確認して逆張りで取引しました。

 

スポンサーリンク


まとめ

えんじぇる2

短時間で効率良く稼ぐなら、
逆張りがオススメ

どちらの取引も16時台です。

この時間帯は値動きが大きく、スプレッドが気にならないので助かります。

順張りはパソコンに張り付いて、レートが動き出す瞬間を待ちわびて狙わなくてはなりません。

しかし、逆張りで取引する場合は、レートが動き出したらスタンバイすればOKです。

夕方の家事をしながら、片手間に取引出来るのが気に入っています。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク